知っておおきたい就職する人を集める求人広告の仕方

求人の方法ってどのようなものがあるの?

求人広告には様々なものが存在します。例えば、駅のフリーペーパーや新聞の折り込みチラシ、はたまたネットサイトなど色々なものが存在しますが、これらの求人広告では求人を載せる費用が大きく異なります。例えば、新聞の折り込みチラシの場合、1回につき何十万円もする場合もあります。逆にネットサイトの場合だと、求人を出すこと自体は安くても実際にその求人をみた人と雇用契約を結んだ場合、謝礼を支払うシステムになっているものもあります。

求人広告を作る場合の内容は誰が考えるべきか

実際に、求人広告を出す際に、依頼する先に基礎情報だけ伝えその内容やレイアウトを全部考えてもらうことがありますが、これはあまりお勧めできません。というのも、求人広告を作成する依頼先はひな形をもっているため、求人広告ができたとしても他のものと差別化ができていない場合が多い上、本当に伝えたいことが反映されていないことも多いです。そのため、求人広告を出す際には、自分自身でその内容及びレイアウトを考えることが妥当です。

求人広告をつくるときのコツ

求人広告を作る際には、どのようなことを受け手が求めているのかを正確につかんで作ることが大切です。例えば、アルバイトの求人広告の場合、受け手は、最低時給に加えて昇給制度の内容を知りたいと考えています。また加えて交通費の支給の有無や手当の有無なども関心度が高い事といえます。このような関心が高い事項について明確に書くことで受け手は求人広告を出す側の企業に興味を持つようになり、エントリー件数が増えることになります。

施工管理の求人では、正規職員以外に短時間アルバイトや期間限定パート、派遣など多くの雇用形態があります。