意外なところに潜んでいる求人情報の落とし穴とは

求人情報はくまなくチェック!

仕事を探すときに求人情報誌や求人情報サイトを閲覧する人は多いことでしょう。最近はインターネットが普及したことにより、いつでもどこでも求人情報を探せる時代になりました。なかにはかなり良さそうな求人が掲載されていることもあり、思わず飛びついてしまう人も多いのではないでしょうか。しかし、そのように良さそうな求人こそ一旦落ち着いて見直す必要があります。自分では気づいていないところに落とし穴が潜んでいるかもしれません。

雇用形態は特に注目!

求人情報を見るときに真っ先に確認したいのが雇用形態です。正社員で働きたいのに契約社員だった、アルバイト面接のつもりが派遣の募集だったなどといった勘違いを避けるためにも、最初にチェックしましょう。特に正社員を希望している人にとって、雇用形態の確認漏れは大きなリスクを伴います。なかには採用されてから数か月はお試し期間としてアルバイト扱いなどといった求人情報も存在するため、しっかりと確認する必要があります。

休日・休暇の扱いにも注意

効率良く、そして長く仕事を続けるために必要なのが休暇です。しかし、その休暇にも意外な落とし穴があります。特に多い間違いが週休二日と完全週休二日の違いです。前者は週に必ず2日休めるというわけではありません。月のなかに1回以上週2日休める場合は、表記上問題ないことになっています。それに対し、後者は週に2回の休みが約束されています。しっかり休みが取れると思って入社したら希望と異なるものだったというケースは少なくありません。

CADオペレーターはCADと呼ばれる特別なコンピューターソフトを使って、建築用や機械工作用の図面を作成する仕事をします。